<< 赤門を拝んできました     来年は自分が >>